仙台豆知識

「宮城県の歴史散歩の本」をみながら仙台解説 2020年8月

「東北大学」

東北大学の前身である東北帝国大学は1907年、東京帝国大学、京都帝国大学   に次いで3番目の帝国大学として片平地区に創立されました。
仙台市青葉区片平2-1(片平キャンパス)

東北大学庭 キャンパス

東北大学 キャンパス

「瑞鳳寺」

るーぷる仙台と霊屋橋

瑞鳳殿

1636年に70歳で生涯を閉じた。
仙台藩初代藩主伊達政宗の霊屋瑞鳳殿。
瑞鳳殿は本殿・拝殿・唐門・御供所・涅槃門からなる。

「四ツ谷用水」

1688年〜1704年に総延長44kmの四ツ谷用水が完成。
「仙台に帰ってきた」(四ツ谷用水編八幡町近辺)

四谷用水本流跡は私の住む仙台市青葉区八幡町の近所にあります。

「芭蕉の辻」

別名 札の辻ともよばれ、札番号がおかれてキリシタンや捨馬などを禁止する制札が揚げられた。

芭蕉の辻の西300メートルの大町2丁目に1981年に開館した仙台空襲と復興事業の記録が保存・公開されている資料展示室がある。

戦災復興記念館

1945年7月10日0時3分 仙台空襲

芭蕉の辻

「仙台平」

仙台の伝統工芸品

 

5代藩主 伊達吉村の命により財政再建のため藩の殖産興業改策として生産が始められた織物。本吉郡入谷(本吉郡三陸町)の絹糸を使い、光沢よく皺になりにくいので評価された。

羽生結弦 仙台平

羽生結弦

国際センター駅

地下鉄 国際センター駅
羽生選手の写真と手がた

手形 荒川静香選手と羽生結弦選手

瑞鳳殿
羽生選手のサイン

「堤焼き」

元禄年間(1688〜1704)に藩窯杉山焼からおこり、生活雑貨や仏花器などの信仰の道具として普及し、幕末には開成丸の造船技術者三浦乾也の指導で茶道具も焼かれた。
青葉区堤町に佐大ギャラリーがある。

佐大ギャラリー

堤町まちかど博物館

佐大ギャラリー

仙台の土産と味

「仙台駄菓子」

伊達家の茶の湯文化を背景に水飴や糒胃から庶民向けにつくられた。
若林区舟丁の石橋屋駄菓子屋資料館では、紙粘土でつくられた仙台駄菓子の模型や関係資料が展示されている。

 

垂れ桜で有名な石橋屋

仙台駄菓子
石橋屋  枝垂れ桜で有名
仙台市若林区舟丁63

石橋屋

「作並温泉郷」

1796年に岩松喜惣治が仙台藩から開湯の許可を得たのが始まり。
1933年に工芸指導に来仙したドイツ人ブルーノ・タウトは渓谷に臨む岩風呂を「自然と人の結合」と評している。

仙台の文学

 

「島崎藤村」

「私の生涯はそこ(仙台)へ行ってみて初めて夜が明けた」と述べているように近代史
若菜集を創作した。

島崎藤村 仙台

「中国近代文学の父 魯迅」

仙台医学専門学校に留学中、片平の佐藤屋に下宿し、「私を感動させ励ましてくれた」解剖学の藤野厳九郎に出会ったが文学に転向する。

 

魯迅
仙台医学専門学校
東北大学の前身
1904年に中国からの留学生

土井晩翠(仙台出身)

当時の仙台城の状況をみて「荒城の月」に「垣に残るは唯かずら」の一節を綴ったとされる。

仙台映画ロケ地2 アイネクライネハトムージーク

若き日の土井晩翠の像

「三太郎の日記」

青葉区米ヶ袋に日本文化研究所
現在は「阿部次郎記念館」ある。

 

林子平の墓がある龍雲寺

林子平の墓
龍雲院 仙台市青葉区子平町19-5

 

日時計

勾当台公園付近にある林子平像

 

林子平             仙台藩士林子平は「無禄厄介(むろくやっかい)」という待遇(たいぐう)で、給与もなく兄の世話を受けて生活していました。しかし、子平はこの身軽さを利用して自由に江戸や長崎に行き見聞を広めました。そしてその後、そこで得た新知識をもとに、『三国通覧図説(さんごくつうらんずせつ)』、『海国兵談(かいこくへいだん)』を著し、海防が急務であることを力説しました。しかし、鎖国(さこく)主義を守る幕府はいたずらに世間をまどわす行為(こうい)としてこれを取り締まり、版木(はんぎ)没収・出版の中止を命じ、子平を処罰しました。兄の家にちっ居となった子平は1793(寛政5)年6月21日、56才で行動的だったその生涯(しょうがい)を閉じました。
このあと幕府は相次ぐ異国船の渡来や開国と通商の要求などの対策にたいへん苦しむことになり、子平の考えが正しかったことを歴史が証明することになります。

https://www.city.sendai.jp/museum/kidscorner/kids-08/kidscorner-06/index.html

仙台市博物館のHP

仙台 青葉まつり編

伊達五山

JR北山駅から北仙台駅方面に向かって輪王寺、資福寺(紫陽花寺として知られている)、覚範寺(政宗の生母 保春院の墓がある)、青葉神社。

青葉神社

青葉神社

資福時

仙台 北山 輪王寺 山門

2020年11月15日
輪王寺
墓参り

庭園 
輪王寺
赤い橋

青葉神社を挟んで東昌寺、光明寺(支倉常長の墓がある)常長の墓の手前には十字架とL、SOTERO(ソテロ)と刻まれた供養碑がある。キリンシタン弾圧の日本に戻り長崎で処刑された。光明寺には「支倉常長公=ローマ法王謁見図があります。仙台市博物館でも支倉常長の展示をおこなっています。伊達家ゆかりの伊達五山。

 

三居沢発電所

1909年に竣工した日本最初の水力発電所。

三沢発電所

三沢発電所

※近所に牛越橋がある。
西公園と辻標巡り
2020年9月仙台暮らし

 

番外編

*青柳文庫跡地
仙台藩出身で江戸で成功した青柳文蔵(1761-1839)が自分の蔵書2885部9937冊と文庫の運営基金1000両を仙台藩に献上し、天保2年(1831)に創設。
仙台藩校の養賢堂からの分立した仙台藩医学学校が城下の百綺丁(東2
番丁)に設立され、その構内に青柳文庫は設置された。

青柳文庫跡地

江戸時代末期に仙台藩が置いた南北の町奉行所跡地に説明板が置かれている。
北の町奉行所は仙台市青葉区二日町にある。

みちに残るむかしの町名
勾当台公園にある石に書かれた町名
辻標探しを始めた。
仙台辻標探し1

東北大学の資料館

東北大学 片平キャンパス内

 

芭蕉の辻

芭蕉の辻の絵

芭蕉の辻
江戸時代に仙台城の城下町の中心であった十字路。宮城県の道路元標が設置されている。

西欧館
旧大東京火災海上仙台支店
戦前の香り

御譜代町

上村豆腐屋
明治12年創業
仙台市青葉区大町2-5-16

大町の家並
仙台歴史民俗博物館

戦前の東一番丁

戦後直後の東一番丁

仙台空襲を記録する場
2020年撮影
クリスロードと東3番丁の交差点

 

島崎藤村

魯迅の下宿跡地はカフェモーツアルト(米ヶ袋店)に近い場所にあります。

青葉神社と青葉まつり

資福時 輪王寺の近所 伊達政宗が幼少期に勉強した寺

三居沢発電所

三居沢電気百年館と三居沢発電所

ブログのためにメデァテーク図書館で借りる

青柳文庫跡地

青柳文庫跡地の標識

仙台藩町奉行所跡

仙台市役所二日町分庁舎
仙台市青葉区二日町

1856年〜59年頃の地図

仙台町奉行所ウェスティンホテル近所2

仙台みちに残るむかしの町名

仙台 むかしの町名
勾当台公園

仙台駅東地域 新旧町名地図

仙台駅東地域新旧町名地図2

藩校養賢堂跡
1760年に勾当台に移動した。

仙台高等裁判所の敷地にある「旧原田甲斐邸」と伊達騒動に書かれた看板

コメントを残す