フジコ・ヘミングの音楽を聴きながら絵を描く

フジコ・ヘミングの音楽を聴きながら絵を描く

 

ラメを入れる
メディウムを使用する

2022年 

フジコ・へミングの音楽を聴きながら絵を描くようになった。

小さい頃、私は弟と一緒にピアノを習っていた。家には白いピアノがあって、小学生の頃の習い事はピアノとバレエと習字。ピアノはあまり好きではなく、バレエのレッスンに夢中になっていった。音楽に合わせて体を動かすのが好きだったから、8歳から50歳ぐらいまで踊っていたのだと思う。そして2022年から音楽を聴きながら絵を描いている。

2021年

絵を描きたいと思うようになり宮城県美術館の創作室に行き絵を描き始めた。

宮城県美術館

2022年2月

ロシアとウクライナの間で戦争が始まった。急に好きな絵を描くことができなくなった。

2022年7月

頃から書きはじめた随筆「ブルーの鎌倉」が落ち着き始め、フジコ・ヘミングのDVDを見ていたら、雲の上からメロディーが流れてきた。やっと絵を描きたくなった。そして作曲家ショパン・リスト・シューマンの人生まで勉強してみたくなった。

「ブルーな鎌倉」

 

2021年アクリル画 春の宵 コラージュ作品

2022年12月1日
春の宵 完成作品
月の光に照らされて輝く桜をイメージして作りました。コラージュ作品スパンコールなどをメディウムで付ける。

フジコ・ヘミング
「春の宵」

シューマン・リストの曲 「春の夜」

シューマン・リストの曲

リストのイラストを描く絵:渡邉順子

私はシューマンの音楽に心惹かれた。

去年、パールクレーの絵から影響を受け、一枚の絵を描いた。クリスマスの日に子どもたちが楽しみにしていたバレエ「くるみ割り人形」の公演を観に行く。そんな情景を頭に浮かべながら描いた絵。

2022年 シューマン「子供の情景」見知らぬ国 この曲が合うと思うようになった。

R .シューマン1810-56

ドイツの作曲家

「人間の心の奥底へ光を送ること、それが芸術家の使命」

 

クリスマスの夜に
仙台メディアテーク
雑がみ部寄贈

2021年7月17 日

「くるみ割り人形」の絵本を描く予定だった。

2021年5月22日
宮城県美術館
創作室にて作成

パウル・クレーの絵に影響を受ける。

2021年に書いた「くるみ割人形」のイラスト

「くるみ割り人形」アラブアの踊りイラスト画

アクリル絵の具を塗る
くるみ割り人形
葦笛の踊り
絵:渡邉順子

「くるみ割り人形」絵本
第1幕 コロンビーヌ

スケッチ画 2021年6月13日

笛を吹く猫

お茶の踊り

金平糖の踊り
2021年7月13日

くるみ割り人形
2021年7月
デザイン画

衣装のデザイン画 花のワルツ

2021年5月5日
衣装デザイン画

絵手紙 2021年月5日
衣装デザイン画

仙台花火と仙台七夕 コラージュ作品

 

2021年11月12日
完成
仙台花火と仙台七夕
コラージュ作品

猫の絵

フルートを吹く猫

渡邉順子作品 2004年

2004年 作品

ピアノと蓮の花2004年作品

 

私が描いた吉川久子さん
2010年 作品

 

                   谷戸の風にのって 2020年

 *谷戸の風にのって2020年のページには私が描いたイラストがたくさん載せてあります。

 

フジコ・ヘミングさんが描いた「絵本」

青い玉

*2022年5月仙台暮らしは宮城県の丸森町を訪ねた。

フジコ・ヘミングさんが令和元年 東日本台風による丸森の被害を気にかけフジコ・ヘミングさんが絵を描き、大人のための絵本「青い玉」を丸森町に寄贈した。

仙台の青山文庫のカフェで「青い玉」の絵本を見る。

*仙台カフェ情報に「青い玉」の絵本がおかれている青山文庫を紹介しています。

青山文庫

店内

仙台カフェ情報(宮城県)

丸森町にフジコヘミングの絵本が寄贈記事

青い目
絵本
絵:フジコ・ヘミング

丸森駅

               槻木駅から丸森駅までの小旅行

蔵を見てきました。

地震の影響

2022年3月16日に発生した福島県沖地震の被害により、福島〜梁川駅間が運転見合わせになってました。大河原から船岡に続く一目千本桜を見に行った時も槻木駅には阿武隈急行が止まっていました。

船岡から見る眺め

 2022年5月21日

現在は槻木から梁川間は運行中

仙台駅10:00白石行に乗り、槻木駅まで

槻木駅から阿武隈急行に乗り、丸森駅下車。片道¥510

丸森駅から無料の自転車を借りて斎理屋敷まで行ってきました。

阿武隈川を眺め、山の緑を眺めながらまるで地元人のような気分で自転車を走らせることができて楽しかったです。

*丸森町ご出身の古布工芸家沓沢小波(くつざわさなみ)さんが書かれた物語に世界的なピアニスト フジコ・ヘミングさんが絵を添えて絵本「青い玉」200冊が丸森町に寄贈された。

2022年5月 仙台暮らし

JUNの仙台 (宮城県)名建築でコーヒーを 1]

 

JUNの東京エレクトロホール宮城の豆知識

昭和39年(1964年)竣工、同年9月1日に開館しました。

私も宮城県民会館と言う名称の頃「宮城県芸術祭」で小学生の頃からバレエで舞台に立っていました。

2008年(平成20年)4月1日「東京エレクトロホール宮城」と言う愛称として使用されることになった。

東京エレクトロホールでは昭和39年ごろから劇団四季の公演が開催されていたそうです。

劇団四季公演

2022年の劇団四季公演11月26日(土)、東京エレクトロンホール宮城(仙台市青葉区)にて、ディズニーミュージカル『リトルマーメイド』仙台公演が開幕、2023年3月まで公演があります。

12月定禅寺通りは光のページェントと「リトルマーメード」で賑わっています。

仙台光のページェント2020年

2019年の光のページェント写真
東京エレクト宮城のあたりの光のページェント

2022年
劇団四季
リトルマーメード

仙台公演

2022年3月に地震があり、2023年に延期された。

チケットが取れず残念。

「フジコ・ヘミング」ソロ・コンサート

2022年6月に開催されるはずのコンサートが2023年6月に変更になった。

2022年12月17日 立川ガーデンステージで行われたコンサートに行って来ました。

そして12月18日に東京信濃町にある民音音楽博物舘を訪ねました。

そしてフジコ・ヘミングさんが奏でるブリュートナーピアノを拝見して来ました。

プリュートナーは「歌うピアノ」と呼ばれ賞賛されたこともあるピアノメーカーで、1853年にドイツ・ライプツィヒで創業されました。

ドイツの王室のみならずヨーロッパ諸国の王室、イギリスのヴィクトリア王女もプリュートナーに触れたと言われています。

リスト、チャイコフスキー、ヨハン・シュトラウス2世など多くの音楽家、作曲家・ピアニストに絶賛されたピアノ。

民音音楽博物館の展示 プリュートナーは齋藤ピアノと呼ばれています。

チェロ奏者。音楽教育者として活躍した齋藤秀雄(1902-1974)氏が愛用したピアノの一台。

 

フジコ・ヘミングコンサート

2022年12月17日
立川ステージガーデン

フジコ・ヘミングコンサート

 

2022年12月17日に立川ガーデンステージ
フジコ・ヘミングコンサートに行きクリアフェイルを購入しました。コンサート会場で販売されていました。

Fuzjko Hemming Specil Concert

演奏プログラム

モーツアルト:ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K467より第2楽章

ベートヴェン:ピアノ協奏曲 第5番「皇帝」変ホ長調Op.73より第2楽章

ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調0p.11より 第2楽章

リスト:ハンガリー狂詩曲 第2番

ドビッシー :月の光

リスト :カンパネラ

シューマン:トロイメイ

第2部

チャイコフスキー:交響曲ホ短調0p.64

指揮者:マルコ・コシック

管弦楽:東京21世紀管弦楽団

 

2022年12月17日 フジコ・ヘミングコンサートには

「日本のバレリーナ」に紹介されている元谷桃子バレエ団、団員の多胡寿伯子先生と一緒に観て来ました。

多胡先生は谷桃子バレエ団の大先輩であり、ダンスカナガワフェスティバルでは「白鳥の湖」から第3幕ルースカヤの指導。最後に踊ったカルメンの指導もして頂いた先生です。多胡版「くるみ割り人形」にも出演しました。

多胡寿伯子

9歳から大芝信・内田裕子にモダン・ダンスを師事し現代舞踊の創作舞踊の創作公園に多数出演。芝浦工大建築学卒業。東京バレエ劇場でNYCBロイ・バァイアスに師事。バレエ団員となり「くるみ割り人形」のプリマに抜擢。74年に谷桃子団に入団。谷桃子に師事。96年文化庁主催芸術祭舞踊部門芸術祭最優秀賞受賞作「The Scarlet Lettet A 緋文字」などの作品を手掛ける演出、振付家。現在はべラーム・スタジオは閉鎖。

多胡版「くるみ割り人形」(谷桃子バレエ団系列の舞台)

 思い出の谷桃子バレエ団・研究所 発表会1993年

 

カルメン

カルメン
絵:鈴木崇夫

貴婦人役
多胡版「くるみ割り人形」に2年出演しました。茶色の衣装が私

「ブルーな鎌倉」

*ブルーな鎌倉に詳しく書きます。

日本のバレリーナ
多胡先生が紹介されています。日本バレエ史を創ってきた人たち

文園社

本から引用する

元ニューヨーク・シティ・バレエのエトワール、ロイ・トバァイアスから特訓を受けたバレリーナ

私にとってダンスは楽器の代わりでした。イメージの宝庫、音楽を愛していましたから、その素晴らしい世界を表現する手段として踊っていたのです。

小学生の時に楽の音に夢中になった。モダンダンスを習い始め、大学3年の時にクラシック・バレエを始めた。

ロイ・トバァイアスとの出会い

「クラッシック・バレエには手も足も出なかった。フランス語がわからない。バー・レッスンは何とかなったが、やはりセンターでは悲惨だった。

1967年、東京バレエ芸術劇場の発表会でトゥシューズも履き「レ・シルフィード」の主役を踊る。

1972年にフリーになり、ソリストとしていろいろなバレエ団、バレエ協会の公演に出演した。「NHKテレビ「世界の音楽」のレギュラー・ダンサーになった。その一方、ほかの分野のダンスも意欲的に習得した。

たとえばジャズ・ダンスや、日本民族舞踊に入り、田植え踊りや津軽じょんがらなどの伝統の踊りも習い、文化使節としてアラブ、アフリカの歴訪公演に参加した。

エンターテイメントとしてのダンスがどんなものか知るために、東京・赤坂などナイト・クラブのショー・ビジネスの世界で踊る経験もした。

「師を求めるのでなく、自分の足で歩いて行きなさい。」

その後、1074年に谷桃子バレエ団に入団。

谷桃子バレエ団の引退公演「ジゼル」に出演した。

 

多胡寿伯子先生との出会い

私も若い時に谷桃子先生から「瀕死の白鳥」の指導を受け、谷桃子バレエ団の高等科で谷先生のクラスを受け、準団のクラスも受け、バレエ団の公演にも出演した。

谷桃子先生に「瀕死の白鳥」の指導を受ける1991年

結婚して、JUNバレエ塾でバレエを教えて、ダンスカナガワフェスティバルにい出演する頃(2011年)多胡先生のスタジオを訪ね、2017年までスタジオに通った。

2015年に谷桃子先生が亡くなったと多胡先生から連絡があり、葬儀も一緒に行けた。私は谷先生とは全く疎遠になっていたから多胡先生から連絡を貰わなければ、谷先生との最後の別れもできなかったように思う。

色々なことがあったけど、フジコ・ヘミングの音色で私の心は暖かい光に包まれ、癒された。

谷桃子先生について

「戦時中の暗い時代に、ドキドキするような歓喜と哀愁を味わった谷桃子の踊り 戦火の中に咲く花一輪

日本のバレリーナ

バレリーナ谷桃子

「谷桃子先生のジゼルの写真」引退公演でも踊られた演目

 

*谷桃子バレエ団の40年の本に多胡先生の名前も私の旧姓の名前もあります。

 

バレエを勉強しに行った
谷桃子バレエ団・研究所
旧姓で私も名前も書いてある。

 

多胡寿伯子のルースカヤ
谷桃子バレエ団ではルースカヤを踊っていたそうです。

スペインの踊り
多胡先生の最後の公演で「白鳥の湖」よりスペインの踊りを踊る渡邉順子

フジコ・ヘミングの音楽を聴きながら作曲家の映画をみる。

音楽家の映画

お茶とおにぎり(映画鑑賞記録)

ロベール・シューマン

クララ・シューマン

ショパン

シャネルとストラヴィンスキー

ピアノの本も購入し勉強中

 

フジコ・ヘミングの奏でるシューマンのトロイメライの曲を聴き、「愛の調べ」の映画を見た。とても素敵な映画でトロイメライの曲がもっと好きになった。

 

愛の調べ

クララ・シューマン
愛の協奏曲

ショパン
愛と哀しみの旋律
映画

プレイエルピアノ

ショパンは 1838 年に作家のジョルジュ サンドを伴ってスペインのマヨルカ島を訪れました。彼らはラカルトゥハ デヴァルデモッサ修道院のセル No.4を借り、そこでショパンはパリからプレイエル ピアノを受け取りました。

滞在中、彼はこのピアノを使って、いくつかのプレリュード、ポロネーズ、2番目のバラード、3番目のスケルツ

ォなどの素晴らしい作品を作曲しました。

ショパンはマヨルカ島で所有していたピアノをカヌー家に売却しました。

1932年以来、ショパンが演奏したのと、同じプレイエルピアノが部屋に展示されています。

           「魂のピアニスト」フジコ・ヘミング

2022年12月24日 9:10-10:oo 放送を見る

「ピアノの詩人」ショパンが滞在したスペイン、マヨルカ島でショパンの曲をを演奏するフジコ・ヘミングの映像を2022年12月24日に観ました。とても素敵なクリスマスイブを過ごしことができました。

NHKワールドプライム

9:10-10:00

15:10-16:00

21:10-22:00

ピアノの詩人 ショパンのマヨルカへの旅

Fuzjko Hemming

フジコ・ヘミング 魂のピアニスト

*東京信濃町にもブレイエルピアノが展示されています。

東京都信濃町8番にある民音音楽博物館
2022年12月1日にリューアルオープンしました。

民音博物館内 プレイエルピアノがあります。

民音会館展示プレイエルピアノ

シュトローム

三人の天使の飾りがとても可愛いピアノ

シェトローム

シェトローム

三人の天使

ヨハンフリッツ

ヨハンフリッツ

竪琴のデザインが素敵

ヨハンフリッツ

ピアんのカード
スマートフォンで読み込みとこのピアノで演奏した曲を記憶ことができます。

コンラート・グラーフ

シールも可愛い

民音博物館
民音文化センター

2022年12月18日を訪ねた時の展示

「近衛秀磨」(このえひでまろ)

1898年11月18日ー1973年6月2日

指揮者・作曲家

 

コラ(民族楽器)ハープやギターの原型

*コラはバランシン作品でアポロ(1928年)が持っていたマンドリンに似ている

マンドリンはイタリア発祥発祥

2022年12月にリニューアルした民音会館ですが、2002年頃に初めて訪ねた頃を思い出しました。

 

ジュルジュ・サンド

ジュルジュ・サンド

シャネル&ストラヴィンスキー映画

シャネル&ストラヴィンスキー
映画

フジコ・ヘミングのCD・DVD・本

フジコヘミングの時間DVD

 

「ざわざわ下北沢」
U-NEXTで最近みる。
フジコ・ヘミングさんの映像も見られました。

 

COLORS
フジコ・ヘミング

ユニバーサルミュージックから発売された自身初の5枚組オールタイム・ベストアルバム
『COLORS〜カラーズ〜』発売に合わせ、ドラマチックな人生や、音楽を表現すること
などをフジコ自身が語る公式ガイドブックが発売された。

「音色(ねいろ)と言うわね。色をのせるように、弾くのよ」、世界を股にかけ演奏を
続ける孤高のピアニスト・フジコ・ヘミング。アルバム収録曲 全77曲をフジコ自身が
エピソードや解説を加え、どのような心構えで弾いているかなどを語る。またサンタモ
ニカや下北沢の美しい自宅の情景や、一緒に暮らす犬と猫たちのオールカラーのフォト
ページも一挙掲載。それぞれの曲やこれまでの人生を振り返って、ピアノといかに向き
合ってきたかなどのエッセイも収録。比類なきピアニスト・フジコ・ヘミングのファン
必携のアートワークも美しい最新書籍である。

COLORSを読みながら「戦場のピアニスト 」の映画を久しぶるに観た。

戦場のピアニスト

 

フジコヘミングの本

COLORSから

夜想曲 第20番 嬰ハ短調

遺作 ショパン

ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの半生を描いた「戦場のピアニスト」でながれたのが印象的。あの映画はとても好き。私は戦争い嫌いだけど、戦争映画は好きね。と書かれていた。

図書館で借りた「フジコ・ヘミング音楽散歩」

パリ音楽散歩

黒猫

フジ子・ヘミング
耳の中の記憶

ショパンとバレエ

バレエ『ショピニアーナ』について

振付師はミハイル・フォーキン。バレエの優雅さを堪能させるもので、森の精(シルフィード)と詩人(ショパン)が月明かりの下で踊り明かす。白のバレエ とも呼ばれている。

アンナ・パヴロワが踊った「レ・シルフェード」の写真

 

私自身の思い出の曲と言ったら、高校1年の時にオーケストラ付きで、ショパンの曲で踊った事。バレエ では「レ・シルフィード」と言う。ショパンのピアノ曲を管弦楽に編曲したバレエ音楽・バレエ作品。『ショピニアーナ』との別名もある。

私はショパンの曲は何でも好きです。

私が出演した「レ・シルフィード」の思い出

日本バレエ協会公演 第5回全国合同バレエの夕べ

1982年3月26日18:00

東京郵便貯金ホール

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

指揮者:堤俊作

曲:ショパン
振付:佐々木八重子
監修:黒沢智子
制作:日本バレエ協会東北支部
上演団体:日本バレエ協会東北支部

配役
ノクターン コール・ドゥ・バレエ
旧姓 岩渕順子で出演した。
*日本バレエ協会「全国バレエの夕べ」には1985年・1986年にも出演しています。「ラトミールのまぼろし」では主役を務めました。
グリンカ作曲
1842年
原作:ルスラーンとリュドミーラ(ラトミールのまぼろし)
作曲:ミハイル・グリンカ
オペラ
ロシアの詩人 アレクサンドラ・プーシキン
後から、バレエ作品になる。

クローバー畑の上を飛ぶ蝶々

夕日の中を飛ぶ蝶々

グリンカ

「ひばり」の曲をピアノ演奏を聴いてみた。詩の意味を調べた「ひばり」
詩: ネストル・クコルニク空と大地の間に 歌は聴こえてくる
その絶えざる流れは 朗々と、朗々と響き渡る野原でその歌を歌うのは 一体誰なのかは分からない
歌を捧げる女達の上では ひばりが高くさえずっているのに風は歌を届けてくれる 誰か知らないその人のところへ
届けられた人には分かるだろう 歌が誰からのものなのか!流れ行け、私の歌よ 優しい希望の歌よ
誰かが私を思い出し そっと溜息をついてくれるようにグリンカ
「ひばり」と言う曲も素敵な曲だった。ひばりの曲を聴きながら蝶々をイメージした。

フジコ・ヘミングのCDを聴きながら

フジコ・ヘミング
ザ・ベスト・オブ・イングリットのCD

ザ・ベスト・オブ・イングリットのCDに導入されている

「蝶々」Grieg

抒情小品集 第3集 作品43の1

この曲を聴きながら「蝶々」の絵を描くことにした。

アクリル絵具で少しインパクトをつけた。

アクリル絵の具を使用し絵本を描き始める。
2022年2月

蝶々

ミーとミータ
絵 渡邊順子
2022年
作成中

蝶々を踊るダンサーの絵
 2022年10月12日

ダンサーのイラスト画

 

フジコ・プレイズ・ショパン

ものすごくショパンが好きになるCD

フジコ・プレイズ・ショパン
CD

ショパンへ手紙
フジコ・ヘミング このCDを聴くとショパンへの愛を感じます。

 

こころの軌跡

心の軌跡

私の好きなショパン・リストの曲が入っている。

月の光(ドヴッシー)・ハンガリー舞曲(ブラームス)の曲も聴ける私のおすすめCDです。

フジコ・ヘミングだからオススメ。

島崎藤村の言葉に太陽の言葉がある

「誰でもが太陽であり得る。わたし達の急務は、ただただ眼前の太陽を追いかけることではなくて、自分等の内に高く太陽をかかげることだ」随筆集「春を待つつ」所収「太陽の言葉」より

いつものようにフジコ・ヘミングのCOLORSの本を読んでいた。

2003年に放送されたスペシャルドラマ「フジ子・ヘミングの軌跡」で菅野美穂がフジコの半生を演じ、大きな感動を呼んだ。

YouTubeでスペシャルドラマも観た。

フジコ・ヘミングのピアノのには春のような暖かい音色があり、私は暖かな光に導かれ音楽の世界に入り込みリストやショパン、ドヴッシー、ブラームスの曲に聞き惚れた。

フジコさんのハンガリー狂詩曲 作品27の2 リストの曲はとても力強く、背中の後ろから「頑張れ」と激励される音楽だと思いながら絵を描いている。

 

絵本の紹介

「ねことワルツを」
絵:フジコ・ヘミング
文:岩津ちひろ
ピアニストのフジコヘミングの絵描く気ままなねこたちの絵に岩津ちひろの言葉が奏でる絵本
福音館書店

「ねことワルツ」の絵本にも描かれている絵:フジコ・ヘミング

 

 

ピアノのイラストを描く

民音博物館にあるエラールピアノをモデルに書きました。
2022年12月18日撮影

七色の色が一本になっている鉛筆でえ
エラールピアノの絵を描く

白いピアノ

2022年
10月16日

2022年10月 宮城県美術館 創作室に通いながら絵を描き始めた。

宮城県美術館展示のページにリンク貼りました。

仙台豆知識・仙台カフェのページにリンク張りました。

宮城県美術館 展示 (随時更新)

宮城県立美術館と仙台市内にある彫刻

仙台豆知識

仙台カフェ情報(宮城県)

マキアート
仙台三越の中にあるカフェ

宮城県美術館内にあるカフェ・モーツアルト

カフェモーツアルトフィガロ
宮城県美術館内のカフェ

ゆずジンジャーホットを飲む2021年5月7日
美術館内カフェ

宮城県美術館のカフェモーツァルト フレンチトーストも美味しい

 

フェルメール
2022年10月8日ー11月27日

フェルメール
この期間中に創作室に通っている

2021年から宮城県美術館創作室で作り始めた作品

色音の作成

2022年10月から作成を始める

アクリル絵具を使用する

コラージュ作成

アクリル絵の具

*マットメディウム・ブロスポリマーメディウム

*スパンコールを使用する

*ジュエリーラメパウダーを使用する

 

 

音色1

音色2

音色3

白鳥の羽

音色4

モデリングペーストを使用

雲の中から音楽が聞こえてくる

天に昇ってバレリーナにあんった蝶々たち
チャイコフスキー
「眠りの森の美女」コラージュ作品
花のワルツの音楽を聴きながら11月5日から作成に入る

コラージュ作品 作成中

2022年12月1日
完成

コラージュの作業 メディウム艶あり、艶なしの違い

コラージュ作品

パールを入れる

花の部分にもパールと猫

ピアノを奏でながら11月6日

ラメを入れる
メディウムを使用する2022年11月

色音の流れ

 

絵を描きながら参考にした本・DVD

チャイコフスキー我が愛
作バランシン

バランシン作品
アポロン

アポロ
バランシン作品

多胡先生の恩師がNYCB
ニューヨークシティバレエ団のエトワール ロイ・トバァイヤス先生。バランシンはニュヨークシティーバレエ団の創立者

ジュエルズ
振付ジョージ・バランシン

ニューヨーク・シティ・バレエ 振付:ジョージ・バランシン

バランシン

フジコ・ヘミングの奏でる「亡き王女のためのパヴァーヌ」の音楽を聴いているうちにラヴェルのボレロのDVDを見始めた。亡きジョルジュ・ドンの映像に涙する。

ラヴェルの曲はやはり素敵だわ。

愛と悲しみのボレロの映画

永遠のジョルジュ・ドン

ジョルジュ・ドン
日本最後のボレロ

ドンとベジャールの絵も描いてみた。

 

猫がキーワード

フジコヘミングさん

私が描いたフジコ・ヘミングさん2022年11月に描く

バランシン

 

私が横浜 中区に住んでいた頃、家のベランダを尋ねてくれたの猫たちの写真

2017年9月  ベランダ猫2021年仙台猫

ベランダに来た猫達

懐かしの本牧暮らし(横浜編)

JUNの横浜名建築でコーヒーを

*横浜の本牧に住んでいた頃の写真とカフェ紹介のページ、横浜猫のページにリンク入りました。

本牧に住んでいた当時に移した横浜写真
建築物

ムーンカフェ
本牧

横浜山手の桜
山手カフェ

横浜カフェ
ホテルニューグランドのザカフェ

山手十番館
2022年12月18日に尋ねる

愛猫作家 大佛次郎記念館

横浜市中区山手町113

大佛次郎は横浜で生まれ、多くの横浜を書いた作家

 

 

おさらぎじろう
大佛次朗記念館

記念館にある猫の像

「ティールーム霧笛」

横浜に暮らしている頃、私はティールーム霧笛を尋ねることが好きでした。

魔笛橋

霧笛橋を渡ると文学館があります。

文学の森へ

神奈川文学館

 

ベランダ猫(横浜猫)

横浜中区に住んでいた頃によく尋ねてくれた猫たちの写真

横浜 中区 猫

おはよう
中区 猫

親子猫かな
2017年

三毛猫

三毛猫

横浜中区の猫カフェにて。

猫の背中って可愛い
ベランダ猫

 

猫の絵本紹介

パールクーレーの絵本

パウル・クレーの絵本を本屋で購入しました。

パウル・クレーの猫

大きなかぶ

おおきなかぶのお話も猫が登場してます。

宮城県美術館にいる猫の絵

宮城県美術館展示

長くつを履いた猫

長くつを履いた猫
小さい頃から好きなお話

 

 

 

日本で見られるバランシン作品

新国立バレエ団

ブログを書くために読んだ本・好きな本・DVD(随時更新)

新国立劇場バレエ団鑑賞記録

 

JUNブログにはバレエ台本を作った作品やバレエ童話を描いた絵などもあります。

バレエ童話を描いてみよう

2022年の絵本作り。

雑がみ部 作品 (仙台メディアテーク7F)

バレエ絵本作り

バレエ絵本仙台版「くるみ割り人形」制作1

「くるみ割り人形」絵本 資料2 仙台版

「くるみ割り人形」絵本の作成資料1

バレエ台本

バレエ台本を描いて踊ってみよう1

バレエ台本を描いて踊ってみよう2

バレエ台本を描いて踊ってみよう3

私が出演したバレエ公演の記録

2021年8月8 日
白鳥

絵:渡邉順子
「瀕死の白鳥」

渡邉順子 経歴

「瀕死の白鳥」の練習風景 

多胡版「くるみ割り人形」(谷桃子バレエ団系列の舞台)

 思い出の谷桃子バレエ団・研究所 発表会1993年

 

渡邉順子 絵のモデル歴

仙台市在住

20代の頃、宮城県柴田郡大河原在住の画家 故太田厚の絵のモデルをし、横浜に住んでからは新井美智代先生、鈴木宗夫の絵のモデルをし、現在も仙台の絵のモデル事務所に所属しています。

*横浜で2001年から2015年まではバレエの先生をしており、自分でバレエ台本を描き、踊りました。

*日本舞踊(花柳徳蓮先生)を取り入れた創作バレエ作品も作りました。

「ドン・キホーテ」踊り子の絵太田厚作

バレエ「藤娘』絵:鈴木宗夫

カルメン 絵: 新井美智代

カルメン 絵: 新井美智代

バレエ台本 不死鳥 仙台の雀踊りが原点の作品

ダンスカナガワフェスティバルで踊った作品

ダンスカナガワフェスティバル2010年〜2015年

2000年から2010年まで踊り続けた「瀕死の白鳥」の最後の写真 ダンスカナガワフェスティバル

バレエ藤娘

バレエ藤娘 日本舞踊を取り入れた作品

カルメン

神奈川県舞踊祭 NO.102 ダンスカナガワフェスティバル 2015年6月21日「カルメン」

神奈川県舞踊祭 NO.102 ダンスカナガワフェスティバル 2015年6月21日「カルメン」最後の舞台 指導:多胡寿伯子

創作バレエを作る モダンのコンクールで踊る(日本舞踊を取り入れる)

「さくらさくら」

「さくらさくら」指導:花柳徳連

 

バレエ鷺娘

音楽:湘南太平記

作曲:吉川久子

振付:渡邉順子

「バレエ鷺娘」
モダンのコンクールで踊りました。

バレエ鷺娘

2021年から宮城県美術館の創作室に通いコラージュ作品を作るようになりました。

趣味でポストカードを作っています。

くるみ割り人形2021年8月11日作成

クリスマスの夜に
仙台メディアテーク
雑がみ部で完成させる ハガキにする

 

2022年12月1日
完成 花のワルツ

民音博物館にあるエラールピアノをモデルに書きました。
2022年12月18日撮影

装飾が素敵です。

2022年12月1日
春の宵「フジコ・ヘミングの春の宵を聴きながら作成する
月の光に照らされて輝く桜をイメージして作りました。コラージュ作品

 

 

 

 

 

 

コメントを残す