伊坂幸太郎の本・映画作品(随時更新)

伊坂幸太郎 

映画関連リンク

お茶とおにぎり

仙台在住

1971年5月25日生まれ
出身地:松戸市
学歴:東北大学
小説家
ジャンル:推理小説

代表作:「重力ピエロ」
「アヒルと鴨のコンロッカー」
「ゴールデンスランバー」

「アヒルと鴨のコインロッカー」

2007年に公開
ロケ地 仙台
「仙台に帰ってきた」(写真編2)随時更新中

 

2020年8月9日 レンタルで映画鑑賞

ボブ・ディランの不滅の名曲「風に吹かれて」の曲が頭から離れない。
映画を見て、八木山動物園にも行きたくなった。
ブータン人留学生のドジル役を演じている田村圭生はアメリカ合衆国カルフォニルニア州出身の俳優。
なぞの男役の松田龍平、麗子役の大塚寧々が映画を引き立てている。
椎名役の浜田岳は仙台に引っ越してきた大学生役がハマっている。
琴美役の関めぐみさんは正義感あふれる行動の演技が良かった。
永山瑛太の存在は大でした。

 

「重力ピエロ」
ロケ地 仙台
映画鑑賞 2020年8月9日 レンタルで映画鑑賞

「楽しそうに笑ってさえいれば、いつか地球の重力など消えてしまう」

家族には辛い過去があった。
グラフィックティアートと遺伝子の出現

仙台の祭りのシーン(雀踊り)があって嬉しかった。

出演者
加瀬亮
岡田将生
小日向文世
鈴木京香

泉水と春と言う名前の兄弟。
実はこの家族には辛い過去が・・・。
優しい父役(小日向文世)の演技がいい。
兄役の加瀬亮と弟役の岡田将生のコンビぶりはいい。
結婚前はモデルで仕事で仙台市役所を訪れ父に一目惚れし結婚した
母役は鈴木京香がピッタリ。

是非、映画をみてほしいです。
映画の中で仙台雀踊りが紹介されているのが嬉しい。
「仙台に帰ってきた」(写真編)2019年5月
私も仙台雀踊りの写真を撮ってました。参考にして下さい。
仙台編「青葉の風」

「アンネクライネハトムージューク」

アイネクライネナハトムージーク

映画
レンタルで鑑賞
仙台映画ロケ地2 アイネクライネハトムージーク

仙台ロケ地の映画のカフェ紹介

「アイネ」(ある)「クライネ」(小さな)ナハト(夜の)ムジーク(曲)と言う意味

 

仙台メディアテークで見つけた 伊坂幸太郎原作の映画

 

「ポテチ」2012年製作 小説から映画化

監督:中村義洋

原作:伊坂幸太郎

 

ポテチ

2009年 フィツシュストーリー 2009年2月5日公開

監督:中村義洋

原作:伊坂幸太郎

フィツシュストーリー

「アヒルと鴨のコインロッカー」ロケ地

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」

映画「アヒルと鴨とコンロッカー」ロケ地

映画「アヒルと鴨とコンロッカー」映画ロケ地
しろくま

風に吹かれて

ゴールデンスランバーロケ地

「ゴールデンスランバー」

ジャンル:ミステリー・ハードボイル
ロケ地 仙台
2011年3月12日にフジテレビの「土曜プレミアム」で放送予定だったが
10月1日に放送された。
(2011年3月11日 東日本大震災)
*映画はDVDで見る。

ゴールデンスランバー

西公園にある杜の都の下水洞 明治33年に完成し現在も現役。映画「ゴールデンスランバー」のロケに使われました。

ロケ地

レンガ下水道をのぞいてみょう。

伊坂幸太郎の本

伊坂幸太郎エッセイ集

ホワイトラビット
伊坂幸太郎
メデアテーク図書館でかりる。

購入
2020年8月25日

仙台文学館で拝読
2020年8月30日

マリアビートル

コメントを残す