島崎藤村

「ブルーな鎌倉」

「ブルーな鎌倉」

「ブルーな鎌倉」 文:渡邉順子   20代の頃、私は仙台から何度か鎌倉を訪ねました。その頃の私は光の見えない道を歩いていた頃で、鎌倉を尋ねると長谷寺の洞窟を訪ねました。 長谷寺に弁天窟という洞窟があります。その

続きを読む

島崎藤村 仙台

島崎藤村 仙台

島崎藤村 島崎藤村 25歳 仙台で「自分の生涯の夜が明けて行くやうな心待ち」を味わった。 日本近代詩の夜明けの地 「仙台の名影町といふところに三浦屋といふ古い旅人宿と下宿を兼ねた宿屋がありました。その裏二階の静かなところ

続きを読む