2021年3月 仙台暮らし

3月

西公園の臥龍梅が少し咲きほころび始めた。

「臥龍梅」は仙台藩祖 伊達政宗が1592年に朝鮮から持ち帰り仙台城に植えられたが、明治維新後に

この西公園に移植されたそうです。

竜が臥人している姿を思わせるということから臥龍梅と呼ばれているそうです。

西公園は桜が有名ですが仙台の三月はまだ梅が咲き始める程度で寒いです。

西公園と辻標巡り

西公園
臥龍梅

少し咲き始めました。
2021年3月11日

満開の梅
3月19日あとは桜が咲くの待つだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月3日はひな祭り

平成7年(1995年)に生まれた娘の誕生祝いに谷桃子先生からいただいた雛人形を飾るのは我が家の恒例の儀式のようなものでした。

しかし今年は少し違いました。

私が生まれた昭和41年(1966年)3月10日。

祖父母が買ってくれた「真多呂」の雛人形が我が家に飾られるようになったのです。

去年、母が八幡4丁目町から私たち、家族が長年住んだ家の近所に引っ越す際、毎年、飾ってたけど

お前の雛人形だから自分で飾りなさいと譲り受けたのです。

さすがに、仙台暮らしを始めて3 年目のひな祭りは谷先生から頂いた雛人形と祖父母から頂いた雛人形と賑やかになりました。

娘にもしも女の子が生まれたら真多呂の雛人形を買って上げたいと思います。

3月はひな祭り、誕生日、東日本大震災のあった3.11.

3月20日は東京の目黒にあるサレジオ協会で式を挙げた日とイベントの多い月です。

大きなケーキを買うのは3月20日と決めています。

「瀕死の白鳥」の練習風景 

谷先生から頂いた
雛人形

祖父母から頂いた真多呂の雛人形

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年3 月11日

半旗が掲げられていました。

大学病院内で仕事をしている私は休憩室で14時46分18秒に黙とう、手を合わせました。

昭和53年(1978年)6月12日の宮城沖地震を体験している私にとって地震の怖さは経験済み。

ブロック塀の下敷きになり亡くなった方もいらしたと記憶しています。

地震は怖い

東日本大震災の日は横須賀にいましたが、10年目は仙台にいました。

2021年3月11日の仙台の夜

ブルーのライトが未来への希望の光となり天に向かってまっすぐに伸びていきました。

さぁ、身を引き締めて明日からまた前に進めましょう。

仙台暮らし 2021年1月

東北大学病院
半旗
2021年3月10日

大学病院の庭に咲く、梅

大学病院内の廊下に飾られている写真

 

3.11
希望の光

3.11
希望の光 2

仙台トラストシティ近辺

自宅付近の撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す