バレエ童話を描いてみよう4

桜の国の桜ちゃん

「くるみ割り人形」ディヴェルィスマンを考えてみよう

 

お菓子の国

https://www.youtube.com/watch?v=GRfXe76Tylc

くるみ割り人形と秘密の王国

 

くるみ割り人形はE.T.Aホフマンの童話「くるみ割り人形とねずみの王様」

マリウス・プティパが台本を手がけ、振付を担当する。

しかし、プティパはリハーサル直前に病で倒れ、振付はレフ・イワーノフに託す。

1892年12月18日サンクペテブルクのマリインスキー劇場で初演。

 

イワーブチ版の「くるみ割人形」の構成中

リノリューム敷き1

舞台。舞台だぁ

 

 

 

 

 

 

バレリーナより裏方。まかして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜の国の桜ちゃん

5月3日が桜の国の「母の日」この日は様々な国の踊り手(ダンサー)が桜の国に訪れます。

桜の国は仙台をイメージして作り上げているため。仙台こけしがロシアの踊りで歓迎の舞を舞います。

きのこの子はずんだ味もありますので「きのこの子」は仙台のお菓子で登場します。

葦笛の踊り

はJUNバレエスクール・JUNバレエ塾の生徒たちが登場。フルート演奏者の吉川久子さんを招き「フルートの音で踊ってみよう」を開催したのでその写真を使用しています。くるみ割り人形が羊を連れて舞台を歩くのも葦笛の踊りに必要なキャラクターだと思います。

先生、打ち合わせ中

フルート演奏者

アラブの踊り

横浜のダンスカナガワフェスティバルやヨコハマ・コンペティションなどで踊らせていただいた記念に

故黒澤輝夫先生・下田栄子先生を私の童話にご招待し踊っていただくことにしました。

「くるみ割り人形」のアラブを客演していただきます。

感謝の気持ちを童話にしてみました。

旧姓が岩渕なのでイワーブチ版の「くるみ割り人形」第2幕を先に作りました。

第2幕

チョコレート「スペインの踊り」

コーヒー「アラビアの踊り」→🐪ラクダに乗って登場 男女による踊り

お茶「中国の踊り」

JUNバレエスクール生徒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレパック「ロシアの踊り」→仙台ことしとロシア人形マトルーシカ

葦笛「フランスの踊り」→フルート演奏者とミルリトンの笛を持つ子どもたち10人と羊を連れたくるみ割り人形の踊り。JUNバレエスクール・JUNバレエ塾の生徒たち

 

ジゴーニュ小母さんと道化たち→きのこの子の踊り

花のワルツ→桜の国の桜の舞

金平糖の精と王子のパドドゥ

 

ディズニーのくるみ割人形と秘密の王国 参考にみた映画

 

 

くるみ割り人形

ラクダ🐪

 

羊を連れたくるみ割り人形

ロシアの踊りに登場する
マトリューシカ猫

猫のこけしのハガキも参考に。

仙台こけし

マトリューシカ

 

こけし

こけし塔

こけし

きのこの山のきのこ

きのこの山

きのこの山

ミルリトン

コメントを残す