バレエ童話を描いてみよう2

桜ちゃんのママ

童話の世界では

桜スタジオでバレエを教えるバレエの先生

桜スタジオでは桜ホールで発表会を開催する。

現在は桜ちゃんのためにバレエ童話を描いています。

バレエ童話の絵を描きたいのでしが、なかなか描けないでいます。

バレリーナモデルをしていました。

絵を書いたりもします。

渡邉順子

童話の中では桜ちゃんのママ。私と娘。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUNバレエスクールは私と娘で始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8歳からバレエを学びお教室のプリマバレリーナになり、東北のプリマバレリーナにもなりました。

谷桃子バレエ団・研究所の発表会やバレエ団公演にも出演しました。

バレエの先生になってからはダンスカナガワフェスティバルや多胡版「くるみ割人形」に出演していました。

現在はバレエ童話の作家を目指し「桜の国の桜ちゃん」の製作中

こんな童話が描いてみたい

バレエ台本 不死鳥は描きました

バレリーナモデル

 

仙台のプリマバレリーナ

東北のプリマバレリーナ

スラミフェィ・メッセレル先生にバレエを学ぶ

谷桃子バレエ団の公演にも出演する

ベラーム・ステージ・クリエイトの「くるみ割人形」に出演する

 

 

 

コメントを残す