アンナ・パブロワ

アンナ・パブロワ

アンナ・パブロワの絵本紹介

アンナパブロワ絵本紹介1

アナン・パブロワ絵本紹介2

アンナ・パブロワの写真が表紙の「バレリーナの肖像」鈴木晶

アンナ・パブロワについて書きます。

バレリーナの肖像を読みながら。

メッセレル

ロンドンのアンナ・パブロワ邸

紹介サイト

新舞踊

 

 

 

 

 

 

 

金沢文化芸術祭に出演していた頃の写真

 

 

 

金沢文化芸術創作バレエ「バレエ鷺娘」を作り上げる時に日本舞踊の先生から学んだアンナ・パブロワについてのことを書きたいと思います。

ダンスカナガワフェスティバルの評論についても載せておきます。

2000年から2010年まで踊り続けた「瀕死の白鳥」の最後の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤井修治先生の
「瀕死の白鳥」の評論

山野博大先生のバレエ評論

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虹の彼方に2

ダンスカナガワフェスティバル2010年〜2015年

バレエ鷺娘

「瀕死の白鳥物語2」メッセレル先生に学んで。

ヴァーツフ・ニジンスキー

 

アンナ・パブロワ 日本巡業

演目

 

 

 

 

 

1922年(大正11年)

東京9月10日〜29日帝国劇場

横浜9月30日〜10月3日横浜劇場

名古屋10月4,5 日末広座

大阪 10月6 日〜10日角座

神戸 10月11日〜17日衆楽座

京都 10月18日〜21日南座

岡山10月23日岡山劇場

広島10月24日壽座

博多10月26、27日大博劇場

門司10月28、29日凱旋座

帝国劇場

瀕死の白鳥

瀕死の白鳥

瀕死の白鳥

 

 

 

 

 

 

 

 

トンボ アンナ・パブロワ

アンナ・パブロワ2

仙台版「くるみ割り人形」絵本にも登場する写真

アンナパブロワとニジンスキー

アンナ・パブロワのトンボの写真→イラスト→黒トンボ イメージ画

黒トンボ

黒トンボと白猫

2021年6月18日
黒トンボと白猫と曼珠沙華

スケッチ
渡邉順子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンナ・パブロワの「瀕死の白鳥」を観てバレエの道に極めたダンサー。東勇作・谷桃子。

東勇作

1910年(明治43)年〜71(昭和46)年

仙台市出身。12 歳、横浜でアンナ・パブロワの来日公演を観て感銘を受け、1930年、エリアナ・パブロワの内弟子となる。

伊達の風 組曲1
伊達の風 組曲2
伊達の風 組曲3
伊達の風 組曲4

谷桃子

3歳の時に母親に連れられて、神戸で鑑賞、アンナ・パブロワの踊りを見る。

*「日本のバレエ 三人のパブロワ」渡辺真弓

新国立劇場運営財団情報センター引用

谷桃子さんのこと

松本亮さんが書かれている文章を引用

「3歳のとき、神戸市内聚楽館で上演されたアンナ・パブロワの舞台を見る。彼女自身にはほとんど記憶にないそうだが、同行したママの話によれば、死のうとする「瀕死の白鳥」の哀れさに彼女は涙したと言うのである。」谷桃子バレエ団の40年より。

アンナ・パブロワの写真が表紙の「バレリーナの肖像」鈴木晶

日本のバレエアンナ・パブロワ

アンナ・パブロワ

私が大切にしている写真

東優作 仙台出身のダンサー・バレエの先生

谷桃子先生

バレエを勉強しに行った
谷桃子バレエ団・研究所
旧姓で私も名前も書いてある。

バレエ鷺娘2

モダンもコンクールで踊った「バレエ鷺娘」

2000年に鎌倉芸術館で踊った「瀕死の白鳥」

2000年から2010年まで踊り続けた「瀕死の白鳥」の最後の写真

金沢文化芸術歳で踊った「さくらさくら」

ダンスカナザワフェスティバル で踊った「バレエ藤娘」

2021年8月8 日
白鳥
完成

コメントを残す