バレエ

「瀕死の白鳥物語」=遺言=1

「瀕死の白鳥物語」=遺言=1

谷桃子先生から「瀕死の白鳥」の指導を受けたのは1991年ですから、今から26年も前のことになります。2000年から2010年まで踊り続けた「瀕死の白鳥」は最後の場面で息を止め死んでいきます。私の瀕死は最後は眠るように息を

続きを読む

瀕死の白鳥の練習風景 

瀕死の白鳥の練習風景 

2015年4月26日に谷桃子先生 他界。 私自身も2015年12月でJUNバレエ塾を閉鎖しました。教えることは辞めても踊ることを急に辞めることは出来ず、2016年は「泣くな長崎」「バレエ藤娘」2017年は「詩吟JAZZ」

続きを読む

「瀕死の白鳥物語10」スワン・アーム

「瀕死の白鳥物語10」スワン・アーム

横浜で瀕死の白鳥を10年間 踊り続け今も尚、詩吟コンサート「泣くな長崎」の作品の中でも、瀕死の白鳥の手(アーム)は踊り続けています。 中区障害者地域活動ホーム みはらしポンテの中にある「てんぽ」で12月から順ダンスサーク

続きを読む

『瀕死の白鳥物語9』

『瀕死の白鳥物語9』

バレエ入門 三浦雅士 を読みながら谷桃子先生を語る。     谷桃子先生というバレリーナを説明する時にどんな本を参考に説明しょうか?と考えました。  劇場に出掛け、舞台上で舞うバレリーナを見る時の私は片思いの相

続きを読む

「瀕死の白鳥物語8」

「瀕死の白鳥物語8」

谷桃子先生に学ぶ瀕死の白鳥とマイヤ・プリセツカヤの瀕死の白鳥の違い。 私の「瀕死の白鳥」とマイヤ・プリセツカヤの「瀕死の白鳥」の振り付けはスラミフ・メッセレル先生です。 「瀕死の白鳥」を初めて踊った1991年の舞台を踏む

続きを読む

「瀕死の白鳥物語7」

「瀕死の白鳥物語7」

谷桃子先生との出会い  1982年 私が高校1年生の時だった。日本バレエ協会 東北支部 「全国合同 バレエの夕べ」に出演するため 東京の郵便貯金ホールに出かけた。郵便貯金ホールの隣にあるホテルのロビーで谷桃子先生を見かけ

続きを読む

腕のトレーニング

腕のトレーニング

バレエ・ビューティーフルのDVDが2枚📀📀入っています。 「スワンアーム」の効果 私自身は「瀕死の白鳥」を踊り続けてきましたので、常に常に後ろ向きで背中を見せ手を上げたり下げたりしてきました。谷先生に習っている時の背中を

続きを読む

「瀕死の白鳥物語6」

「瀕死の白鳥物語6」

「母になっても、ひとつの事を続けなさい」JUNバレエスクール誕生。 1999年11月18日にメッセレル先生と谷桃子先生と娘と三人で映した写真。 2001年2月にJUNバレエスクールを開設。 2001年12月25日が私と娘

続きを読む

「瀕死の白鳥物語5」

「瀕死の白鳥物語5」

渡邉順子の「瀕死の白鳥は獅子 白鳥の子は白鳥」 私は1974年2月(8歳)からバレエを学びました。1980年の発表会では「白鳥の湖」で憧れのオデット姫は踊れませんでしたが2001年2月に横浜市磯子区にあるスタジオを借りJ

続きを読む

「瀕死の白鳥物語4」

「瀕死の白鳥物語4」

この本を参考に「瀕死の白鳥物語」4 を書いてみましょう。 私が高校生の時に、仙台でマイヤ・プリセスカヤさんが踊る「瀕死の白鳥」を見ました。踊られた 舞台でプリセスカヤさんに花束を渡し、サインを頂きました。 プリセスカヤさ

続きを読む
1 / 3123