「瀕死の白鳥 物語1」

「瀕死の白鳥物語1」

私がスラミフィ・メッセレル先生と初めてお会いしたのは、1984年8月27日、その日はちょうどメッセレル先生の76歳の誕生日だった。メッセレル先生は、世界的に有名なマイヤ・プリセツカヤさんの叔母にあたる。その後、1986年3月26日に日本バレエ協会の「全国合同バレエの夕べ」東北支部の舞台で私が踊った「ルスランとリュドミラ」は、メッセレル先生の振り付けによるものでした。(*この作品のヴァリエーションを、2011年6月18日に神奈川県舞踊祭・ダンスカナガワフェスティバルの舞台でも踊ることができた。)

「ルスランとリュドミラ」を踊る渡邉順子2011年

メッセレル先生はボリショイ・バレエ学校を卒業後、1926年から25年間、ボリショイ・バレエ団のプリマ・バレリーナとして踊り、ボリショイ・バレエ学校の教師も務められた。息子と共に亡命という経験もされている。1960年に来日、日本では東京バレエ学校が開設され、バレエ教師として招かれる。東京バレエ学校はのちにチャイコフスキー記念東京バレエ団となった。2004年6月3日に95歳で亡くなるまで、日本のバレエ界に多大な貢献をされた偉大なるバレエ教師。アメリカ・ロイヤルバレエ学校でも多くの日本人ダンサーを指導し、1997年3月に勲三等瑞宝章を受章されている。

私のバレエ人生に大きく関わって下さった二人の先生、メッセレル先生と谷桃子先生。

以下に私のバレエの経歴とお二人の先生の指導についてざっくり書きたいと思う。

谷桃子先生。娘。私。メッセレル先生。

 

1974年                8歳  仙台でバレエを学び始める。

1984年                18歳 メッセレル先生と出会う。

1985年                「瀕死の白鳥」と「ルスランとリュドミラ」の主役パートの振り付メッセレル先生にして頂く。

1986年                20歳 日本バレエ協会東北支部の舞台で「ルスランとリュドミラ」の主役を踊る。谷桃子バレエ団・研究所で8ヶ月ほど研究生として学ぶ。

1991年5月         25歳 メッセレル先生がミラノ・スカラ座バレエ団でバレエの指導をされていた時に、一週間ほどミラノ・スカラ座バレエ団でメッセレル先生のレッスンを受ける。

ミラノスカラ座バレエ団でレッスンを受けた当時の写真

谷桃子バレエ団の稽古場で谷桃子先生より「瀕死の白鳥」の指導を受け仙台で踊る。

1992年3月  第49回全国舞踊コンクールの予選で「瀕死の白鳥」を踊る。谷桃子バレエ団・研究所の高等科で谷桃子先生のレッスンを受け、準団クラスを受ける。谷桃子バレエ団公演「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」に出演。

*谷桃子バレエ団・研究所の発表会にも出演しました。

1994年3月         結婚

2000年                本間先生、筒井先生の発表会の発表会にゲスト出演し「瀕死の白鳥」を踊る。

2001年                JUNバレエスクール開設。

2008年                JUNバレエ塾に改名。

2015年                バレエの教えは辞めたが舞台には立つ。

現在は横浜市中区在住となり早4年が過ぎようとしている。

2018年 仙台に30年ぶりに戻り仙台市民となる。

2015年 バレエの教えをやめる頃の私

 

 

 

 

 

コメントを残す