「瀕死の白鳥物語5」

「母になっても、ひとつの事を続けなさい」(谷桃子先生からのお言葉)

JUNバレエスクール誕生。

1999年11月18日にメッセレル先生と谷桃子先生と娘と三人で映した写真。

2001年2月にJUNバレエスクールを開設。

娘と私

2001年12月25日が私と娘の初舞台日。その後、小さな生徒が入るバレエスクールになりました。名前が塾に変わっても小さな生徒たち入る塾でした。2015年12月  閉鎖。

 

雑誌「クララ」にも娘の部屋が紹介されました。

 


私は8歳の時に仙台のバレエ研究所でバレエを学びました。母が買ってくれたバレエの本はスラミフィ・メッセレルのお兄さん アサフ・メッセレルの書かれたボリショイ・バレエの技法と言う本が生涯の宝ものになりました。

1984年8月27日メッセレル先生の76歳の誕生日に出会う。私とメッセレル先生。

1984年8月27日   スラミフィ・メッセレル先生76歳のお誕生日の日に出会う。

1985年、仙台でスラミフィ・メッセレル先生から「瀕死の白鳥」の振り付けを学ぶ。

1991年にミラノ。スカラ座バレエ団でメッセレル先生のレッスンを受け、谷桃子先生から指導を受け、仙台で「瀕死の白鳥」を踊る。

1992年に谷桃子バレエ団・研究所に戻りバレエ団の舞台に立つ。結婚、出産、子育。

2000年に「瀕死の白鳥」を踊る。

2001年にJUNバレエスクールを開設。

娘にバレエを教えるため母と子のバレエスクールを開設。

2000年から2010年まで「瀕死の白鳥」を踊り続ける。

2015年にJUNバレエ塾を閉鎖。

2016年チャリティー詩吟コンサート「泣くな長崎」で「瀕死の白鳥」をアレンジした作品を踊り、金沢文化芸術祭では渡邊順子の代表作にもなったバレエ「藤娘」を踊る。

2017年のチャリティー詩吟コンサートではジャズ詩吟、金沢文化芸術祭では「生きても歓喜 死んでも歓喜」を振り付けし出演。

「瀕死の白鳥」の振り付けはスラミフィ・メッセレル先生、指導谷桃子先生。2000年から2010年まで渡邊順子は「瀕死の白鳥」を踊り続けて、2016年に「瀕死の白鳥」をアレンジした作品を作る。「母になってもひとつの事を続けなさい」、谷先生の言葉が私をずっと踊っていた。

バレエ「藤娘』絵:鈴木宗夫

バレエ「藤娘」絵:鈴木宗夫

バレエ「藤娘」

 

 

 

 

 

 

 


 

渡邉順子の「瀕死の白鳥」の写真と絵

 

 

 

コメントを残す