「瀕死の白鳥物語6」

「心を強く」谷桃子先生からのお言葉

谷桃子先生との出会い 1982年

私が高校1年生の時だった。日本バレエ協会東北支部「全国合同バレエの夕べ」に出演するため東京の郵便貯金ホールに出かけた。郵便貯金ホールの隣にあるホテルのロビーで谷桃子先生を見かける。当時、私は仙台のバレエ研究所に通っていた。その研究所の発表会のプログラムに谷桃子先生の祝辞と顔写真が載っていたのを見たことがあったが、写真でしか見たことがない谷先生が目の前を通り過ぎた。まるでラ・シルフィードの妖精のように。16歳で谷桃子バレエ団・研究所の中等科クラスを受けさせて頂き、谷先生とも挨拶を交わした。その後、1986年5月4日、盛岡の黒沢先生のスタジオで谷桃子先生とお会いし東京暮らしを始めることになる。1984年、盛岡の黒沢先生のスタジオで行われたメッセレル先生の講習会でメッセレル先生とも出会う。

 

1986年7月 20歳 東京目黒区中根町

私が谷バレエ団の研究生として東京の目黒区中根町で一人暮らしをしていた頃は、中根町界隈を歩いているとバレエ団の仕事を終え帰宅途中の谷先生にばったりお会いすることがあった。初等科、中等科クラスを受けていた私にとって、谷先生とロイ先生が教える高等科は雲の上のようなもので、谷先生が「頑張ってる?」と気さくに声をかけて下さることが嬉しかった。その頃は、谷先生とロイ先生のレッスンが受けられるようになりたいなぁと思っていた。

その後、多胡先生のスタジオでバラシンスタイルを習うのは、結婚、出産し、「瀕死の白鳥」を10年踊ってからのことだった。(2011年、2012年)

 

1987年谷バレエ団 新春公演「リゼット」を見、日本バレエ協会主催 谷桃子振り付け「ジゼル」見た。メッセレル先生がローランプティ・バレエ団のゲスト講師で来日した折に再会する。

自分一人の力で自分の夢を叶えた、その頃はそう思っていた。メッセレル先生あっての渡邊順子だと思うまでにはもう少し時間がかかる。

20歳の頃の私は、谷バレエ団・研究所の発表会に出演することはできなかったけど、16歳で出会ったバレエの妖精が住む町に私も住み、レッスンを受け、道端で偶然出会うこともできた。小さい頃から憧れていた谷バレエ団でレッスンが受けられた。そう思っていた。1987年5月に体調不良で仙台に帰る。涙、涙の物語。1989年12月2日から4日、メッセレル先生の講習会が谷バレエ団・研究所で開かれ、再び谷桃子バレエ団・研究所の稽古に出かけた。1991年、イタリアミラノ・スカラ座バレエ団でメッセレル先生のレッスンを受けた後、谷桃子バレエ団の稽古場で谷先生から「瀕死の白鳥」の指導を受け、1992年に谷桃子バレエ団の「くるみ割り人形」、1993年新春公演「ドン・キホーテ」に出演。やっと谷桃子バレエ団・研究所の発表会に出演をはたし、1994年に結婚する。小さい頃からの夢は叶い、出産、子育てをしながら横浜で「瀕死の白鳥」を10年踊り続ける渡邊順子ができあがる。今もなお「瀕死の白鳥」の振り付けは形を変え生き続けている。

50歳になってもたまに目黒の中根町辺りを散歩することがある。20歳の頃に通った銭湯もまだある。中根町から自由が丘に続く道も何も変わってはいない。でももう谷先生は亡くなり、中根町にあった谷桃子バレエ団・研究所のスタジオは別の場所に開設になった。

谷先生の言葉は「心を強く持ちなさい」

 

 

谷桃子先生

谷桃子バレエ団

バレリーナ谷桃子

多胡版「くるみ割り人形」に出演した時のプロブラム

谷桃子バレエ団・研究所に出演した当時のプログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独身時代の私 
旧姓 岩淵順子

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す